Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部

  • 学部TOPへ
  • 学部紹介
  • キャンパスライフ
  • sアウトプット・プログラム
  • 留学について
  • 資格・就職
  • 入試情報

海外演習プログラムについて

Massey University(マッセイ大学、ニュージーランド)

Massey University(マッセイ大学、ニュージーランド) Centre for University Preparation
and English Language Studies (CUPELS)

ホームページURLはこちら

※以下の数字は2011年度のもので、料金はニュージーランド・ドルです(オーストラリア・ドルより安い)。

※Massey大学はAuckland、Wellington、 Palmerston Northの3つのキャンパスがありますので、希望するキャンパス名を書き添えてください。

コース名称・期間・内容

English Language Programmes General English:週25時間授業
English for Speakers of Other Languages

プログラムの開講前に、英語力判定テストと面接を行い、その結果に従ったクラス編成でそれぞれの能力を伸ばすことができます。
このプログラムでは、英語力向上と学生一人一人の目標達成を目指しており、中級、上級のクラスでは、エッセイやレポートの書き方、効果的にディスカッションやセミナーを進めていく方法なども学びます。
また担当教員は、学生のニーズや能力を的確に把握し、目標達成のために惜しみない指導をしてくれます。

留学期間は、2011年8月3日~9月30日の9週間、または、2012年2月8日~4月8日の9週間です。

ホームステイ

ホストファミリーは3食(朝食、昼食、夕食)を提供します。支払いは前払方式で、毎週自分でホストファミリーに払います。
以下の登録料の他に、敷金として$350支払います。ただし、特に問題が発生しなければ、帰国時に敷金は返還されます。(本人請求)

 登録料: $204
 ホームステイ料〈Auckland,Wellington〉:$230×8週=$1,840
 ホームステイ料〈Palmerston North〉:$210×8週=$1,680
 空港お迎え料:無料(Aucklandは有料)

授業料・生活費

入学金  $46.50
授業料  $410 × 8週 = $3,280

この他に、ホストファミリー宅から大学までの交通費、お小遣い等の出費を伴います。大学施設もどんどん利用しましょう。

保険・緊急時の対応

留学先では学生保険も入りますが、金額は十分とは言えませんので、日本で必ず「旅行保険」に入ってから出発してください。8週間の滞在なので、学生ビザは申請しません。
Auckland、Wellington、Palmerston Northは安全な町ですが、商店の閉店時間が名古屋よりかなり早いので、夜間の一人歩きは厳禁です。

生活全般

南半球にあるNew Zealandは季節が逆になります。例えばWellingtonの気温は、8月の最高13度最低8度、9月の最高14度最低9度と寒いので、冬服の持参など寒さ対策が不可欠です。また坂が多いため風が強く、気温以上に寒さが感じられます。
ニュージーランド時間は、8月、9月で日本時間よりも3時間、2月、3月で4時間先行。買い物では、12.5%の消費税がかかります。したがって帰国時のDuty Free Shoppingを活用してください。 電圧は230/240voltsです。電化製品を持って行くならば、変圧器(パソコンやデジカメは不要)や変換プラグが必要です。

印象・コメント

Aucklandキャンパスは、市内からバスで20分ぐらい郊外の丘陵地に位置します。
Wellingtonキャンパスは、NZの首都の南西に位置し、都会型大学らしい様相です。
Palmerston Northは、Massey大学発祥の地、町の中心が大学です。豊かな植物が印象的です。
もう一つの魅力は、いずれのキャンパスも、ニュージーランドの観光地として有名なオークランド市内やクライトチャーチに比べて、観光客、留学生ともに日本人が少ない点です。
マッセイ大学のPaCEの一つである英語学校は、いずれのキャンパスでも小規模であるため、先生、学生、スタッフがお互いをよく知っています。 日本語でいうアットホームな雰囲気にあふれています。その意味で居心地の良さが売りです。
(水島和則、深谷輝彦)

ページTOPへ