Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部

  • 学部TOPへ
  • 学部紹介
  • キャンパスライフ
  • sアウトプット・プログラム
  • 留学について
  • 資格・就職
  • 入試情報
HOME > 留学について > 中期留学提携大学のコース概要 > Victoria University of Wellington

中期留学提携大学のコース概要

Victoria University of Wellington (ヴィクトリア大学ウェリントン校、ニュージーランド)

Victoria University of Wellington (ウェリントン・ヴィクトリア大学、ニュージーランド)English Language Institute School of Linguistics
and Applied Language Studies

http://www.victoria.ac.nz/lals/

※以下の料金はすべてニュージーランド・ドルです。
※学費・生活費などはすべて目安であり、変動の可能性があります。

コース名称・期間・内容

English Proficiency Programme

[最初から1年間の滞在を前提としたプログラムです。最初は語学学校に在籍して英語を学びますが、成績に応じてその後のコースは変わります。
English Proficiency Programme
Trimester 2 (9月-10月)
Trimester 2は、本来12週間のコースですが、本学部プログラムでは6週間の参加になります。
Trimester 3 (11月-2月)
Trimester 1 (3月-6月)

Trimester 2またはTrimester 3終了後、定められた成績を取得した場合は、Foundation Studies Programme(大学入学準備課程、-7月〉またはDegree Programme(学部課程、-10月)に進むことができます。

ホームステイ

ニュージーランドの家族と共に住み、生活します。個室と3食が提供されます(週$240)。2食という選択も可(料金については別途)。
ホストファミリー宅から大学まで、30分以上の通学時間がかかります。ホストファミリー宅は禁煙が多いので、要注意です。
11月から2月までは、ホストファミリーから大学寮へ移ることもあらかじめ留意しておくこと。これは、この期間大学が夏休みに入るためです。

授業料・生活費

授業料  $2650+$5300×2=$13250 諸費用:約$2000
ホームステイ代  $240×12週間(3か月)=$2880
ホストファミリーから大学までの交通費:  約$90×3月=$270
大学寮  $315×28週間(6か月半)=$8820(自炊などの場合、料金は変わります)。
合 計  約$27220
その他  保険、学生会館利用費等: $760

保険・緊急時の対応

Student Health Service:月曜から金曜、8:30 - 17:00(予約制)。ただし、診察代、薬代、検査代、病院の入院等には、日本での海外旅行保険が必要です。大学は禁煙を推進しているため、建物内はすべて禁煙です。
日本の自宅に電話する場合には、国際電話が可能なCalling Cardを出発前か現地で購入します。日本の携帯電話もWellingtonで使えますが通話料金が高いので、あまり勧められません。また、日本の110(警察)、119(消防・救急車)に相当する緊急電話番号は111です。

生活全般

EPPでの授業は9:00-13:00(月~木)で、昼食後は、外国語センター(Language Learning Centre)で宿題をやったり自習をしたりします。金曜日は、試験です。Language Buddy制度を利用して、NZの学生と友達になりましょう。カウンセリング・サービス(学習相談)を常時受け付けています。FoundationまたはDegree Programに進学した場合は、自分で時間割を組むことができます。Victoria International [www.vuw.ac.nz/international]は、留学生のためのセンターです。よろず相談を受けます。何か困ったことがあれば、こちらへどうぞ。このセンターのインターネットサイトは大変充実しています。VUWを知るために事前に一度は訪れて下さい。

図書館やLLC等のコンピュータはいつでも使えます。必要に応じて電子メールアドレスも発行します。生活費としては、次の数字を参考にして下さい。
*マクドナルド、バーガーキングなどのセット:約$9
*レストラン:約$12/朝食、約$15~30/夕食
*公共交通機関:Airport Bus(空港行きのバス):$9、ケーブルカー:$3.50~4.00

印象・コメント

Wellingtonの丘の上にある大学で、大学の建物もかなり段差があります。また、13000人くらい学生がいるので、椙山を大規模にした大学だと思って下さい。大学から下方を見ると、Wellingtonのダウンタウンが見渡せます。
Wellingtonの人たちの自慢はコーヒー。“The Capital of Coffee"というくらい、どこに行っても美味しいコーヒーが飲めます。食事も安くて美味しいものが手軽に食べられます。
“Windy Wellington"と言われるほど風が強い街でもありますが、冬の寒さはそれほど厳しくありません。ただ南半球なので日本と季節は真逆ですので気をつけて。治安や人の温かさという点では、間違いなく一番のお勧めです。

ページTOPへ