Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部

  • 学部TOPへ
  • 学部紹介
  • キャンパスライフ
  • sアウトプット・プログラム
  • 留学について
  • 資格・就職
  • 入試情報

中期留学提携大学のコース概要

San Diego State University (サンディエゴ州立大学、アメリカ)

San Diego State University (サンディエゴ州立大学、アメリカ) San Diego State University, American Language Institute (ALI),
College of Extended Studies

http://www.americanlanguage.org/

http://www.sdsuali.jp(日本事務局)

※以下の料金はアメリカ・ドルです。
※学費・生活費などはすべて目安であり、
 変動の可能性があります。

コース名称・期間・内容

Intensive English for Communication (IEC)

IEC Fall  (8月~12月までの約17週間)
IEC Spring  (1月~2月までの約8週間)

1週間あたりの授業時間は最低23時間で、1週目に行われるレベル分けテストの結果に基づき7つのレベルに分かれて学習します。週8時間のOral communicationクラスでは、講師やTeaching Assistantとの会話を通し、聴解力、口頭文法や表現、発音などをトレーニングします。週12時間のListening comprehension, Grammar, Reading, Writingの各クラスでは、基礎となる英語力を養います。週3時間のElective(選択)クラスでは、映画、音楽、ダンスなどさまざまな活動を通して英語でのコミュニケーション・スキルに習熟することを目指します。Electiveクラスの中には、TOEIC対策クラスもあり、帰国後の就職対策としても有効でしょう。

また、任意参加の発音矯正クリニックなどの科目を受講することができます。そこでは、最初に講師が発音を診断し、その後、主にコンピューターソフトを使ってトレーニングを行います。そのほか、ネイティブの学生で日本に興味のある人の集まるサークルや、ネイティブ学生との「会話パートナー」制度があります。同年代の人々との会話を練習する機会としてぜひ利用してください。

学生はALIのコンピュータ室、ランゲージ・ラボなどを自由に利用することができ、さらに図書館やStudent Health Services Centerなどの大学施設を、学部生と同様に利用することもできます。

授業料・生活費など

出願料  $175
ホームステイ斡旋料  $200 + $200(入居保証金)
IEC Fall授業料 約 $6,600
IEC Spring授業料 約 $3,300
教材費約 $100
生活費(28週間) 約 $10,500 (家賃+食費+雑費)
合計 約 $20,500

ホームステイは、1家族1~3名(日本人同士以外の組合せ)が基本となり、1人ずつに個室が与えられます。朝夕2食が付きます。通学時間はホストによって異なりますが、30分程度のところが多いようです。空港での出迎えや見送りはホストファミリーがしてくれます。

生活全般・印象・コメント

サンディエゴ(カリフォルニア州)は人口約130万人(全米8位)の都市で、アメリカ最南西部に位置しています。常夏とはいかないまでも、冬でも温暖で過ごしやすい気候と、海あり山あり砂漠ありの豊かな自然、そして大都市としての利便性から、アメリカ人にとっても大変人気のある都市です。また、他のアメリカ都市と比べると公共交通が充実しています。バスに加え、トロリーと呼ばれる電車も走っていて、どちらもキャンパス中心まで乗り入れています。

サンディエゴ州立大学には、キャンパス内に非常に設備の整ったスポーツジムがあり、また、風光明媚な入り江にはマリンスポーツのできる大学施設Mission Bay Aquatic Centerがあって、ALI学生も利用できます。ALIは、語学留学生のためにスポーツやボランティア活動などさまざまなアクティビティを計画してくれます。教室で学んだ英語を積極的に使って、現地の人や他国からの留学生と交流を深めていただければと思います。 (池 沙弥)

ページTOPへ