Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部

  • 学部TOPへ
  • 学部・学科紹介
  • キャンパスライフ
  • アプトプット・プログラム
  • 留学について
  • 資格・就職
  • 入試情報
HOME > 学部紹介 > 教員紹介 > 深谷 輝彦

教員詳細

深谷 輝彦

深谷 輝彦

ふかや てるひこ

教授

◆専門分野 / 担当科目

英語コーパス言語学 / 日英語会話分析

◆履歴・研究業績

https://success.sugiyama-u.ac.jp/teacher/index.php?tid=t1984006

◆メッセージ

多くの学生は英語を資格取得のため、あるいは外国語科目として勉強しています。それはもちろん必要ですが、その一方で、英語を朝から晩まで母語として使っている人が世界に何億といます。その日常生活にある英語を話し言葉・書き言葉やジャンルという視点を通して観察し、エッセイでは日本語に応用して自分の母語を振り返るという授業活動を行っています。そういう意味で英語観察と同時に、そのフィルターをかけて日本語ウォッチングを楽しんでいます。
 二番目に、英語フィルターをかけると、今まであたりまえだったことが、あたりまえでなくなります。ジェームズ・スタンロー『和製英語と日本人』(2010)はカタカナ語や英語が、歌詞、短歌、雑誌などで平仮名・漢字では表現できない意味を表す手段となっていると、主張します。こうなると、カタカナ語は意味がわからないから要らないなどと言っていられなくなります。と同時に、町の広告看板に平仮名、漢字、カタカナ、アルファベットがきれいにちりばめられているのも納得です。
 以上のように、英語を実際に使われている、そして生きている言葉として観察します、次に身につけた英語のフィルターで日本語を調べてみます、自分のこれまでの日本語の考え方をふりかえります、頭の中に日本語と英語が共存する結果になる、これが私の授業です。

◆担当講義

科目名学年
ファーストイヤーゼミ1
言語(国際)1
コンピュータ利用の英語研究2
英語と心理2
英語音声学2
日英語会話分析2
表現・コミュニケーション研究IA3
表現・コミュニケーション研究IB3
英語学研究IIA4
英語学研究IIB4
卒業論文4

ページTOPへ