Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部

  • 学部TOPへ
  • 学部・学科紹介
  • キャンパスライフ
  • アプトプット・プログラム
  • 留学について
  • 資格・就職
  • 入試情報
HOME > 学部・学科紹介 > カリキュラム(表現文化学科)

表現文化学科

カリキュラム

表現文化学科カリキュラム

科目 PICK UP

西洋演劇論

近代演劇の来歴を探り、現代社会への理解を深める。

日本の現代演劇へ多大な影響を与えた西洋演劇の発展を、動画を活用して具体的に考察。演劇は、時代と社会に対して鋭敏な反応を示します。例えば東日本大震災後、「再生」をテーマとした新作やアメリカ近代劇などの再演が盛んです。新作と古典の再演の両方を見ると、現在の混沌とした状況は、過去に人間が直面したさまざまな問題に連鎖していることが分かります。演劇研究を通して他ジャンルや異文化へ視野を広げて、私たちが生きる現代社会を見つめ直します。

 
ポップカルチャー概論

ポップカルチャーの発生、発展、流行の背景から本質を分析。

音楽や映画、テレビ、マンガなどのポップカルチャーは、実は現代だけでなく、近代以降の社会の変化や発展と密接に関係しています。 また、音楽とは関係なさそうなジェンダーも、実はその制作や観賞に深く関わっているのです。授業ではCDやDVD、インターネットなどを駆使して具体例を紹介していきます。 当たり前のことが実は当たり前ではないと認識し、そこから身近な現象や流行などの理由や起源について深く考えることで、つねに社会や時代に対して批評的に見る姿勢を養います。

 
エッセイ創作

エッセイを書くためには、とにかく書いて徹底的に討論。

文章を書く能力は、どのような場面においても重要です。その能力を高めるためには、とにかく書いて、徹底的に多角的な討論をすることです。この授業では、エッセイの基本について学び、実際に創作し、 他の学生の作品に触れることで、自分らしい表現を追究するとともに、文章を産出する地力を身につけます。自分が創り出した作品が、読み手の心を動かしたときの喜びは、経験した者にしかわかりません。 心を何かの形にしたいときは、ためらわずにその感動を人と分かち合いましょう。

 
 
ページTOPへ